>>GRIPのブログ

京都国際映画祭2019

今年も京都国際映画祭が開かれました。
映画を四本も観てきました。充実!
上映後に関係者の舞台挨拶があります。

「超少年探偵団NEO」監督と佐野岳くんの舞台挨拶。
さすがに監督もファンも若々しい。。まだ公開前の映画です。

「草間彌生インフィニティ」監督や関係者の舞台挨拶。
関西の美術界の重鎮もおいでになって司会のおかけんたさんも
緊張したとのことです。ギャグ「ええこえ~」もやってくれました。
時間が経った今はもう一度観たい気持ちになっていますが、
直後は重すぎて無理でした。もっと活動を続けて欲しい。

「その男、凶暴につき」」
フィルムが汚くて、それがまたこの映画の雰囲気を
表していました。映画館で見られてよかった!
何度見てもおもしろいし、酷いストーリーです。

「RANPO」その場の勢いで追加鑑賞しました。
「超少年~」とは全然違うスタイリッシュな江戸川乱歩でした。


この二本の映画に携わった
制作の奥田和由さん、春日太一さんの舞台挨拶。
松竹との確執の話や監督が深作欣二から北野武に代わって
大変だったことなど面白い話ばかりでした。
あんまりSNSで広めないでね。とのこと。
書籍「黙示録」は「奥山和由の天国と地獄」と帯にあり、
春日さんとのインタビューの書き下ろしです。
最後に買ってサインを頂きました。


四条烏丸の「京都シネマ」近くの産業会館が綺麗になって
いたので寄ってみました。大垣書店がオシャレになってて
「ポケモンセンター」もありましたよ。
京都バージョンのピカチュウです。

 

 
 

 

2件のコメント

  1. nomonomo
    2019年10月29日 12:20
    nomonomo

    充実した至福の時間でしたね。 映画はやっぱり京都が動きのかなめになってほしいですね~~

  2. matsu
    2019年10月31日 10:08
    matsu

    ありがとうございます。充実しました!
    所説ありますが「京都は映画発祥の地」と言われてますね。
    来春には新風館にアップリンク京都というミニシアターが
    出来るそうです!どこも赤字経営で大変だと思いますが
    頑張って欲しいですね。

コメントをどうぞ

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

:wink: :twisted: :roll: :oops: :mrgreen: :lol: :idea: :evil: :cry: :arrow: :?: :-| :-x :-o :-P :-D :-? :) :( :!: 8-O 8)

Optionally add an image (JPEG only)