>>GRIPのブログ

大山崎

今年の夏は、ことのほか暑かったのですが、JR山崎駅近くに2回出かけました。

☆アサヒビール大山崎山荘美術館

山崎駅から(阪急大山崎駅からも近い)北西方向に住宅街を通り、天王山の麓をゆっくり登って行くと、約20分ほどで別世界が開けます。

木々が生い茂っている森の中に、木造の歴史を感じさせる落ち着いた美術館です。

アサヒビールの初代社長であった山本為三郎さんの、コレクションを中心にしてあり柳宗悦の始めた【民芸運動】の、河合寛次郎、浜田庄司、バーナードリーチらの作品や、絵画が展示してあります。

二階には落ち着いた雰囲気の喫茶室が有り、そのテラスにいると、交通の要所である大山崎の景色が眼下に広がり、明智光秀で有名な天王山からの風が気持ちよくさせてくれます。

建築家の安藤忠雄さんの設計による、近代的な展示室もありますが、この建物やお庭の雰囲気からいうと、ちょっと残念な気がしました。

☆サントリー山崎蒸留所

予約を入れた別の日に、山崎駅から南西方向に10分ほど歩いて、天王山の裾野の大きな敷地にあるサントリーウイスキーを製造している、山崎蒸留所に行きました。

予約した時間になると、案内のお嬢さんが私たち(予約を入れておられた約20人ほど)を、工場建物内にゆっくり案内してくれます。

敷地の中もそうですが、建物の中に入ると、浸み込んだウイスキーの匂い(のような)が強くしてきます。

工程は英国の昔ながらの設備と方法を基本にしていて、加熱をする場所では、温度が高いのに少し驚きました。

その先の薄暗い大きな倉庫にびっしりと、仕込みの樽が置かれているのは雰囲気が有ります。

後半は、4種類のウイスキーの”おいしい飲み方”を、おつまみ付で教えていただきました。

氷だけ入れたグラスで飲んだり、炭酸割りで飲んだり、これらはどれも美味しいのですが、特に”山崎”ウイスキーが最高でした。

世界的に日本のウイスキーが認められ、ファンが増えていることは嬉しい事です。

驚いたことは、案内の上品な御嬢さんが、説明をしながら自分の見本になるグラスにも、同じようにウイスキーを注いで、半分くらいは飲んでおられたことです。

この日は昼間から気持ち良くなってしまいましたが、勿論、ここへはJRの電車で行き、飲酒運転にならないようにしましたよ。

 

2件のコメント

  1. koichi.hwy
    2015年9月28日 19:00
    koichi.hwy

    :wink:

  2. matsu
    2015年10月1日 10:50
    matsu

    別世界のような場所ですね。

コメントをどうぞ

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

:wink: :twisted: :roll: :oops: :mrgreen: :lol: :idea: :evil: :cry: :arrow: :?: :-| :-x :-o :-P :-D :-? :) :( :!: 8-O 8)

Optionally add an image (JPEG only)